• HOME
  • 酵素不足によるリスク

酵素不足によるリスク

私たちが生きていく上で欠かせない「酵素」は、不足すると生命維持活動に支障をきたしてしまいます。
そうならないためにも、手軽に酵素を補えるサプリを飲んで健康な毎日を送りましょう。

酵素の種類と役割

人間の体内で作られる酵素には、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。消化酵素とは食べ物の消化や栄養素を取り込むために必要な酵素で、唾液などの消化液に含まれるほか、腸内微生物によって作り出されます。そして代謝酵素とは、体の細胞を作り免疫力を上げ、思考したり体を動かしたりといった生命維持活動を行う重要な酵素です。

酵素不足になると

私たちは生まれた時には体内酵素が十分ある状態ですが、その量には個人差があり、生きている内に作られる酵素の量も限られています。酵素不足になると栄養素が十分に吸収されずに解毒作用が弱まってしまいます。その結果、神経やホルモンバランスが崩れて免疫力が落ちる、疲れやすい、疲れがとれない、胃痛、不眠、アトピー、アレルギーなどの様々な症状が現れやすくなります。また現代病ともいわれている肩こりや頭痛、肥満をはじめ女性特有の生理痛や生理不順、冷え性、腸内環境の悪化による便秘、肌荒れなどの症状を引き起こすリスクも高まります。

酵素不足になる原因と解決策

現代人は特に酵素が不足しているといわれていますが、その背景には、飲酒や喫煙、暴飲暴食、コンビニ食、過度のストレスといった生活習慣の乱れが大きく関係しています。これらは生活習慣病に繋がるおそれもありますので、早々に見直していく必要があるでしょう。酵素は食べ物から摂取することができます。

発酵食品や玄米、果物、野菜などには酵素が豊富に含まれており、意識して摂取することで酵素不足を解決できます。ただ酵素は熱に弱く加熱すると酵素が破壊されてしまいます。調理に気を使わなければならないので面倒…という方も少なくありません。手軽に補いたいとお考えの方には酵素サプリの活用がおすすめです。

日本セーラでは、朝食「生」酵素粒(アガリクス入り)の通販を行っております。お得な定期購入もお申し込みいただけますので、ダイエットのサポートにもぜひご利用ください。